バハマナビ|Bahama navi writer 豚と泳げるピッグビーチ!バハマ・エグズーマ島の魅力とおすすめスポット バハマのこと|BAHAMA NAVI

シェア

豚と泳げるピッグビーチ!バハマ・エグズーマ島の魅力とおすすめスポット

シェア

「バハマ」というワードを検索した人なら一度は目にしたことがある写真…

 
 
 
 
 

そう、ビーチで悠々と泳ぐ可愛い豚さんたちです。インスタグラムでも話題!
今回は、バハマに行くなら知っておきたい、「豚と泳げるビーチ」への行き方、ツアー参加方法を紹介していきます。

(バハマナビスタッフが現地で撮影した写真)

〜豚と泳げるビーチ〜
バハマの首都・ナッソーから高速船で1時間ほどの場所にある無人島「エグズーマ諸島」。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

島にあるビッグ・メジャー・キーというビーチでは、ここに住むたくさんの豚たちと戯れたり、一緒に泳ぐことができます。
島には数十頭の豚が生活していて、地元住民からは「ピッグビーチ」や「ピッグアイランドビーチ」とも呼ばれています。住んでいるのは野生の豚たち。もともとは食用として島に持ち込まれたようですが、今ではすっかり人に懐いていて、観光客が餌をあげることも可能です。彼らは泳ぎも上手!自由に泳いだり、砂浜で日光浴をしたり、それぞれのバハマライフを楽しんでいます。

(バハマナビスタッフが現地で撮影した写真)

〜どうしたらバハマで豚さんたちに会えるの?〜
エグズーマ諸島はバハマの首都・ナッソーから南東に約100km以上離れているので、個人で行くことは難しいでしょう。豚さんと会うには、小船で島に連れて行ってくれるツアーに参加するのが一般的です

ツアーはイグアナやサメと触れ合えるプランとセットになっていて、料金は400ドル〜500ドル程度。一度にバハマのメインとなるスポットを満喫できることから、お得で人気のツアーです。


【ピッグビーチを楽しむ1DAY モデルツアー】

 
 
 
 
 

①出発当日の早朝、ナッソーの港から船で出航
イグアナのいる島に到着

(イグアナたちに餌をあげることができます)詳しく知りたい方はこちらをチェック→ イグアナと出会える?!バハマの「 アランズキー 」
③さらに船で移動し、いよいよ豚さんのいるエグズーマ島

船が島に近づくとどんどん豚さんが寄ってきます。人懐っこく食いしん坊なさまざまな模様と大きさの豚さんたち。
ツアーによってはパンやぶどうを自由に持参していいプランもあるそうです。人気者になりたい方は事前にチェックして購入しておくのもおすすめです。
④ツアーにはランチが付いているのでご安心を。
⑤ランチのあとはコンパス・キーという餌付けされたサメたちが待つ島へ。こちらもピッグビーチと同じくらい人気のスポット。
詳しくはこちらをチェックしてみてください→ バハマには「コンパスケイ島」と呼ばれる野生のサメと一緒に泳げるスポットがあります
⑥プライベートビーチに立ち寄ったあとナッソーに寄港。午後4〜5時ごろに港に戻ってきますので、約8〜9時間の長時間のツアーとなります

 

 

~ピッグビーチがある「エグズーマ諸島」~
ビッグ・メジャー・キービーチがあるエグズーマ諸島とは、約210キロにわたり点々と連なる360もの島の岩礁の総称です。(バハマ自体も700以上もの島々で構成される島国です)
中心となるのは南の端に位置する「グレード・エグズーマ島」で、人口は約1000人。それ以外の島のほとんどは、個人所有のプライベートアイランドや無人島となっています。エグズーマ諸島のビーチは、世界中の海好きでも驚くほどの美しさ。「豚が泳ぐビーチ」が世界でもとても珍しいことから、近年ではピッグビーチを目当てにバハマを訪れる観光客が多くいます。

犬かきならぬ「豚かき」で上手に泳ぐ姿に、思わず笑顔になってしまいます。豚さんたちとは、海の中で一緒に泳ぐことも可能!水中カメラをもっていくと、バハマならではの素敵な写真が撮れるはずです。
 

〜ツアーおすすめ〜
バハマに複数回行ったことがある方や英語が話せる方は現地でツアーに申し込むのもおすすめ。
バハマ観光局では多数のツアーを紹介していますし、インスタグラムやウェブ上でも「Bahama Pig tour」と検索をかければたくさん出てきます。
一方、初めてバハマに行く方や日本語での対応がほしい方は、現地で日本人向けにツアーを展開する「ピンク・パール・ホリディズ」や「トリップアドバイザー」などがおすすめです。


~エグズーマ島へは飛行機で行くことも可能〜
一般的なのは船でのアクセスですが、ピッグビーチからボートで10分ほどのところにある友人島「ブラック・ポイント」または「スタ二ヨル・キー」にフライトし、そこからチャーターボートでわたる方法もあります
バハマを経由しなくても、アメリカ・マイアミからアメリカン航空、フォート・ローダーデールからユナイテッド航空、カナダ・トロントからはエア・カナダが1日に1便程度フライトしていますよ。
諸島の中心に位置するグレート・エグズーマ島には、宿泊料金に全てのサービスが含まれたオールインクルーシブを取り入れたリゾートホテルもあります。旅の時間に余裕がある人は、そこを拠点にしてエグズーマ周辺の島々やビーチを訪れてみてはいかがでしょうか

 

~バハマに行くおすすめの時期は?~
バハマには雨季と乾季があり、5月~10月が雨季、11月~4月が乾季です。常夏の島なので、いつ行っても海は楽しめますが、12月~3月は、暑さもやわらぐので特にベストシーズン。7月~10月にかけては、亜熱帯ならでは、ハリケーンが発生する時期なので、そちらは注意して旅行プランをたてたいところです。

〜まとめ〜

①バハマのエグズーマ島にあるピッグビーチでは、豚に餌をあげたり一緒に泳いだりすることができる!

②おすすめの行き方は、首都・ナッソーからボートツアーを利用すること。ピッグビーチ以外にも、野生のイグアナやサメと泳げるマリンアクティビティが充実しています。

③エグズーマ島の海の美しさはバハマの中でもピカイチ!それほど距離も離れていないので、バハマを訪れたらぜひとも立ち寄りたいスポットです。

泳げる豚たちに出会える、世界でも珍しいバハマ・ピッグビーチ
首都・ナッソーから1時間程度で行くことができ、アクセスもしやすいので、バハマやカリブ旅行の際には訪れてみることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェア

関連するコラム

このコラムを書いた人

Bahama navi writerさん

為替レート

2021-01-22 07:40:03

バハマ

BS$1

=

日本

135.21000JPY

BS$ JPY

人気のキーワード

バハマ観光のオススメカテゴリ