バハマナビ|Bahama navi writer バハマで新婚旅行!ハネムーンにおすすめなバハマスポット 観光スポット|BAHAMA NAVI

バハマで新婚旅行!ハネムーンにおすすめなバハマスポット

シェア

バハマはハネムーンの旅行地としても人気の国。豚と泳げる「ピッグビーチ」、全体がひとつの街のようなリゾートホテル「アトランティス」、ピンクの砂浜が美しい「ピンクサンドビーチ」など魅力がたくさん!今回の記事では、おすすめの体験、フォトロケーション、ホテル、ウエディングプランをご紹介します❤︎

【ピンクサンドビーチ】

世界でもここだけの、ピンク色で特別なビーチをチェック。エルセーラ島という場所にあるこのビーチは、なんとあのダイアナ妃もハネムーンで訪れたんだとか。
色の秘密は、細かく砕けた赤サンゴとピンク色の貝殻。もともとの真っ白な砂浜と混ざりあうことで不思議な砂浜が存在します。
バハマの青い空とのコントラストはもちろん、夕陽に映える幻想的な光景も魅力です。ぜひロマンチックな写真を撮ってみてくださいね。
エルセーラ島には、ナッソーの港からフェリーで行くのが一般的。約3時間かかります。

島内には坂道に沿ってパステルカラーの家や教会が立ち並び、景観も可愛らしい!ロマンティックなホテルもありますよ。ぜひ散策して楽しんでください♩


【ロケーション撮影を楽しむ!】

新婚旅行では、カメラマンに素敵な写真を撮ってもらいたいですよね。最近話題の「ロケーションフォト」とは、屋外で撮影する写真のこと。バハマの美しいビーチやカラフルな街並みと一緒に、記念に残る1枚を残してみてはいかがでしょうか。

Gaby Rguezさんのロケーションフォト
英語が話せるなら、現地のカメラマンに撮影を依頼するのもおすすめ!

バハマの人気インスタグラマーGaby Rguezさんは、自身でカップルのロケーション撮影も展開しています。南国らしいヤシの木をバックにしたり、ドレスを身にまとってウエディングフォトを残したり。ハネムーンはもちろん、カップルでの旅行や結婚記念日などで利用するのもいいかもしれません。


【バハマでウエディングするなら?】
一生の思い出に残るウェディングをバハマで挙げるのはいかがでしょうか?
たくさんの家族や友人を連れて行くことが難しいかもしれませんが、特別な体験ができることは間違いありません。

現地でウエディングのデザインやプランニングを手がけるChic Bahamas Weddings & Eventsは、バハマならではのアットホームでおしゃれな屋外ウエディングを得意としています。バハマブルーをバックにした真っ白な砂浜やオーシャンビューのチャペルでリングを交わし、イギリス文化が残るカラフルな建物と写真撮影。 

夜は可愛らしくライトアップされた会場で、ゲストと素敵な1日を祝います。 南国ウエディングに憧れていて、日本から離れた非日常な土地で挙式を考えている人にはかなりおすすめです。
Chic Bahamas Weddings & Eventsによると、ウエディングの費用は開催する島々やホテルによって異なりますが、 20,000ドルから 50,000ドルが相場。最もラグジュアリーなプランになると200,000ドル〜250,000ドルだそう。
ちなみにシーズンは、湿度が高すぎない春や秋が人気。正月やクリスマスは地元の人にとって大きなイベントのため避けた方がいいそう。また、天候を考慮してバックアップの日にちを予約しておくことをおすすめしています。


【首都ナッソーではアトランティス、カラフルな建物をバックに撮影がマスト!】
バハマへは日本から飛行機で約20時間。メインゲートとなるリンデン・ピンドリング国際空港Lynden Pindling International Airport(NAS)があるのが、首都・ナッソーがあるニュー・プロビデンス島(ナッソー)です。

●アトランティスホテルをチェック!

ナッソーでまずチェックしておきたいのが、バハマで一番有名なホテル、「アトランティス・パラダイス・アイランド」。ウェブサイトなどで一度は目にしたことがある人も多いはずです。古代都市アトランティスをモデルにしたバハマ最大のテーマパークリゾートで、客室はスイートルームのほか、約26平米のスタンダードルーム「ザ ・ビーチ」、長期滞在に便利な部屋などさまざま。総客室数はなんと2500室! 施設内には水族館、カジノ、プール、ウォータースライダー、レストランなどが充実が充実しており、ホテル全体がひとつの街のよう。外に出なくても十分楽しむことができます。バハマを訪れるなら一度は泊まってほしい注目のホテルです。
 

アトランティスに宿泊しなくても、ホテル内の施設を楽しむ方法があります。同じくナッソーにある「コンフォート スイート パラダイス アイランド」は、宿泊すると隣接するアトランティスの設備が利用できることが人気。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @comfortsuitespi

パラダイスビーチという美しいビーチやレストラン街も近く、ホテルにはプールもあるので、十分快適なステイを楽しめます。「アトランティスよりも予算を抑えたい」「2回目の滞在なのでアトランティスの設備だけ利用したい」という方におすすめ。そのほか、おすすめのホテルはこちらをご覧ください。
 

●ナッソーは街並みがとにかくユニークで可愛い!

かつてイギリスの植民地だったバハマ。ナッソーには、植民地時代に建てられたカラフルな建築物や建物が多く立ち並びます。民家はそれぞれ好きな色が塗られているそうですが、警察署はペパーミントグリーン、医療機関はイエローなど公共の建物は色が決まっているものもあるそうです。歴史を感じるとともに、パステルカラーの施設にはテンションがあがります!中心地にある「ローソン・スクエア」というダウンタウンエリア。コロニアルスタイルのピンク色をした政府庁舎があり、記念撮影のスポットとして特に人気です。「 ベイ・ストリートの近くにはピンクと白の総督官邸があり、1803年に建てられたコロニアル調の造りでお洒落ですよ。

ぜひお写真をたくさん撮ってみてください❤︎


【デートにおすすめの絶景レストラン・バー】

●カップルで訪れてほしいのが、Fusion Superplexという建物に入っている絶景レストラン「Altitude Restaurant(アーティチュード)」。

窓から見える美しい光景は、海ではなくカニングハム湖。ここで食べるグアバソースのバッファローチキンが絶品!バハマ人も大好きなフードです。

●「Bon Vivants(ボン ヴィヴァンツ)」というバーがナッソーでは大人気。

南国感あふれるカラフルでクリエイティブなドリンクメニューが楽しめます。 高級感ある店内はもちろん、テラス席もおすすめ。インスタグラムも素敵なので覗いてみてください。


【絶対行きたい!豚、イグアナ、サメと触れ合うツアー】

豚、イグアナ、サメと触れ合うバハマならではのツアーも、ぜひカップルで満喫してほしい体験!
首都・ナッソーから小さな飛行機で1時間ほど移動すると、エグズーマ諸島という離島に到着します。このツアーでは、イグアナが集まる不思議なビーチや、豚さんたちに餌やりができるピッグビーチ、サメと泳げる海に行くことができます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Dave Lee (@rtwdave)

1日でかなり濃い体験ができますし、昼食やナッソーのホテルから送迎がついてくるプランがほとんどです。値段は400ドル前後です。


一生に一度のハネムーン!人と違う経験をしたいですよね!
南国ならではのステイや個性的な文化と体験、バハマでのハネムーンは特別な思い出になること間違いありません。アメリカのマイアミから近いこともあり、アメリカ旅行を楽しんだ後に立ち寄る方も多いですよ。
バハマナビでは、バハマの魅力スポットや旅行情報を配信しています。ぜひまたサイトに遊びにきてくださいね。  

シェア

関連するコラム

このコラムを書いた人

Bahama navi writerさん

為替レート

2021-01-22 07:40:03

バハマ

BS$1

=

日本

144.11950JPY

BS$ JPY

人気のキーワード

バハマ観光のオススメカテゴリ