バハマナビ|Bahama navi writer 子連れで行くバハマ!オススメスポットと便利情報 旅行|BAHAMA NAVI

シェア

旅行

2021/07/25

子連れで行くバハマ!オススメスポットと便利情報

シェア

今回は、子連れで行くバハマ!オススメスポット便利情報をお伝えします♡

子連れでバハマに行く時に必要な基本情報は?

●バハマへのアクセス
バハマに行くときのメインゲートは、首都ナッソーがあるニュー・プロビデンス島のリンデン・ピンドリング国際空港です。

日本からバハマは直行便がないので、アメリカやカナダを経由して行くことになります。

アメリカ系航空会社によるダラス経由、アトランタ経由、(乗り継ぎ1回)、ニューヨーク~マイアミ経由、サンフランシスコ~マイアミ経由(乗り継ぎ2回)があり日本からの所要時間は20~30時間ほど。カナダのトロント経由だとトロントで1泊し、翌日バハマへ向かいます。

アメリカ旅行やカナダ旅行に行き、最後にリゾート地のバハマでゆっくりするのもいいですね♩

また、マイアミやポート・カナラベル、フォート・ローダーデールから毎日バハマに向けてのクルーズ船があります。

バハマクルーズは3泊4日以上のクルーズが一般的なので、ゆっくり旅をしたい方やお時間がある方はクルーズ船がオススメ!クルーズ船は様々な施設が設けられているので、小さなお子様がいても安心です。

また、ディズニークルーズといってディズニーだらけのかわいいクルーズ船もあるので子供も大喜びすること間違いなしです♩

関連記事:ディズニーが所有するプライベート・アイランド「キャスタウェイ・ケイ」の魅力

●気候
バハマは1年中比較的暖かい気候。いつ行っても楽しめる国で、夏の平均気温は27度前後、冬でも21度前後です。お子様でも過ごしやすい気温がうれしいですね。

マリンスポーツが盛んな国なのでやはり夏はオススメですが、スコールなどで雨が多いので注意しておきましょう。8月~10月はハリケーンのシーズンでもあります。

日中は薄着でも大丈夫ですが、ショッピングモールなどの室内は冷房が効いてますので上から羽織るものは持っておきましょう!日が暮れた後もひんやりすることが多いですよ。

●治安
子連れだと気になる「治安」ですが、バハマは比較的安全で、女性でも観光しやすいスポットです。ですが、リゾート地は観光客が多いので、観光客を狙ったひったくりや置き引き、スリには気をつけて行動するべきです。

●お金事情
バハマの通過はバハマドルですが、バハマはどこでもアメリカドルが使えますので、アメリカドルを持っていたらお買い物に困ることはありません

※現地で日本円からアメリカドルに両替ができませんので、入国前に必ず用意しておいた方がいいです!クレジットカードもJCB以外で用意しておくと安心です。

ショッピングではTaxFreeの表記のお店では外国人旅行者は免税となります。レストランは免税対象外です。

●時差
時差は14時間。日本の午前7時がバハマでは前日の午後5時となります。

3月の第二日曜日から11月の第一日曜日までサマータイムとなり、時差は13時間です。ニューヨークやマイアミとの時差はありません。

 

~子連れでバハマに行く!準備編
大人はもちろん、お子様もパスポートが必要です。

パスポートの申請には約1~2週間かかります(繁忙期はそれ以上かかることも、、)行くと決めたらまずはパスポートの準備を早めに行いましょう

~初めての子連れ海外旅行ならツアーがオススメ!~
ツアーは、何かトラブルがあったときに添乗員さんにすぐ相談できるので安心です。もちろん、海外旅行に慣れている方は個人でも大丈夫。

ちなみに、バハマの公用語は英語ですが、リゾート地であること、国民性がとてもフレンドリーであることから、英語が話せなくても現地の方は優しく出迎えてくれます♩

バハマのツアーは、首都ナッソーがあるニュー・プロビデンス島を主に回るツアーが多いのが特徴です。

たくさんの離島があるので、ナッソー+離島のツアーがオススメですが、お子様が小さいと移動も大変なので、ナッソーだけでも十分に楽しめる観光スポットを後に紹介していきます。

~いよいよ出発~
さて、海外旅行に行くには空港には2時間前には到着しておきたいところですが、子連れだと余裕を持って3時間前には到着しておきましょう。

国際線にはキッズスペースが設けられていますので、飛行機に乗る前にたくさん遊ばせておくのもいいですね。

飛行機ではお子様がまだ小さい方は最低限こちらの荷物は手元に用意しておいて下さい。(オムツ、おしりふき、ビニール袋、ミルク、着替え)

シートベルト着用サインが点灯すると荷物の上げ下ろしが出来なくなってしまいます。気圧の関係で吐き戻しが多くなる子が多いので、着替えも必須です。

また、耳抜きですが、離着陸時にミルクをあげておくと安心です。おしゃぶりでも効果はあるそうなので試してみて下さい♪

ミルクのお湯は機内でもらえることがほとんどですが、万が一に備えてご自身で準備しておきましょう!

0歳~1歳頃の赤ちゃんが乗れるベッド(バシネット)も数量限定ですが飛行機によっては予約ができるので、早めに調べて予約できるならしておきたいですね。

離乳食を食べるお子様に関しては、希望があれば用意してくれる航空会社もありますが、いつも食べ慣れている日本のものを持っておくと安心です。
子供はいつ何が起きるかわかりません。海外旅行保険に入っていた方が安心です。(大人の付帯で入れることがほとんど)クレジットカードについている保険は家族が対象外となることもあるので行く前に必ず確認して下さい。

~子連れでバハマに行く!オススメ観光スポット編~
ここからは、お子様連れでも楽しめるバハマのオススメ観光スポットを紹介します。

まず、ニュー・プロビデンス島にある首都ナッソー付近のオススメスポットです。

「アトランティス・パラダイス・アイランド」

バハマで1番有名なリゾートホテル「アトランティス・パラダイス・アイランド」聞いたことある方も多いのでは?

アトランティスへ行くには空港からタクシーでおよそ30分。ナッソーの北側にあるリゾート島です。こちらの施設の総客室数はなんと2500室以上!ホテルがあるタワーも4つあり、すごく大きなホテルです。リゾートを楽しむ為の施設は全て揃っていて、お子様連れで移動が大変、という場合でもホテルだけで十分楽しめちゃいます♩

利用可能な施設
①プール (ウォータースライダーは身長122センチ以上の制限あり)キッズプールもあるので小さなお子様でも水遊びが楽しめますのでお子様の水着も必須です。
プールサイドにはパラソルがありますが、早い者勝ちなので朝一に確保しにいきましょう♩
②プライバートビーチ ホテルのすぐ目の前なので、水着に着替えてそのまま行けちゃうのも魅力の一つです。ビーチチェアは宿泊者なら無料で貸してくれるのでビーチでゆっくりするのもオススメ。
③水族館 海底に沈んだアトランティス王国をイメージした水族館は迷子になってしまうくらいの広さ!少し薄暗いので怖いというお子様もいるかもしれませんが、日本にはないような水族館なので行って欲しいスポットのひとつです。
④カジノ アトランティスのカジノは館内の施設や屋外で楽しめるものまであり、ビーチリゾートらしく水着のまま楽しめちゃいます(ドレスコードがないのもいいですね)なんと営業時間は朝9時~翌朝4時!!週末は朝6時まで営業しているほぼ一日中開いてるカジノです。カジノ以外にも、スポーツの試合の結果を予想して賭けるお店もありますので、ワールドカップなどの時期はすごく盛り上がります。
⑤レストラン 子連れだと何かと気を使うレストランですが、館内にはレストランが20以上あります。高級店からファストフードまで様々なお店があるので気分に合わせて選ぶのもいいですね。場所によっては18歳以上のお店もありますので確認して行くことをオススメします。
⑥お店 館内にはたくさんのお店がありますが、お土産選びなどはホテルの外にあるマーケットプレースがリーズナブルです。お水や食料品も売っていますが、少し割高なのでホテル外で買うのが賢い買い方。
ただ、免税になるお店もあるので大人のショッピングにはいいかもしれませんね。ゆっくりショッピングしたい方に使って欲しいのがキッズパッケージ。お子様を預けて大人だけの時間も楽しめますので束の間の大人時間を楽しむのもいいですね♩こちらも事前に予約しておいた方が確実です。
⑦オプショナルツアー ホテルからの送迎付きのオプショナルツアーも常時開催していますので、他の島に行きたい!となると予約してすぐ行けるのもここならでは♩

ボートで行くので小学生くらいのお子様だと大興奮間違いなしです。ホテルに送迎してくれるのは嬉しいポイントですよね。

「ピッグ・アイランド・ビーチ」
バハマの首都・ナッソーから高速船で1時間ほどの場所にある無人島「エグズーマ諸島」にある豚と泳げる「ピッグ・アイランド・ビーチ」。
バハマと言えばここ!という有名どころなので、知っている方も多いと思います。

住んでいるのは野生の豚たち。もともとは食用として島に持ち込まれたようですが、今ではすっかり人に懐いていて、観光客が餌をあげることも可能です。
彼らは泳ぎも上手!自由に泳いだり、砂浜で日光浴をしたり、それぞれのバハマライフを楽しんでいるようです。

関連記事:豚と泳げるビーチ!バハマ・エグズーマ島の魅力とおすすめスポット

「パイレーツ・オブ・ナッソー」
パイレーツ・オブ・カリビアンなど海賊が大好きな男の子にオススメなのがこちらの博物館。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Maria Luiza (@maludalfovo)

館内には、リアルな海賊の模型や船や街が再現されているのでまるで海賊のいる時代にタイムスリップしたような気分になります。

実際に活躍した海賊の遺品も展示されており、当時の風景がリアルに思い浮かべられます。最後にはお土産を買うこともできますので、海賊が好きな方はぜひ行って欲しいです。

「アーダストラ・ガーデンズ&ズー」

アーダストラ・ガーデンズ&ズーはバハマの首都ナッソーにあるバハマで唯一の動物園です。バハマの国鳥、フラミンゴのエリアは動物園の中でも人気のエリアです。

コーラルピンクのかわいいフラミンゴの行進するショーは他の動物園では見れないレアなショーです!こちらの動物園には135種類以上の動物が飼育されており、中には絶滅危惧種も存在します。日本ではなかなかお目にかかれない動物もいるので行っておきたいスポットのひとつですね♩

皆さんいかがでしたか?

今回の記事では、子連れで行くバハマの基本情報とオススメ観光スポットを紹介しました。

参考になれば嬉しいです♡
 

シェア

関連するコラム

このコラムを書いた人

Bahama navi writerさん

為替レート

2021-01-22 07:40:03

バハマ

BS$1

=

日本

114.18621JPY

BS$ JPY

人気のキーワード

バハマ観光のオススメカテゴリ