バハマナビ|Bahama navi writer バハマ旅行記【ナッソー、ホテル、レストラン】おすすめ観光スポット 旅行|BAHAMA NAVI

旅行

2024/02/01

バハマ旅行記【ナッソー、ホテル、レストラン】おすすめ観光スポット

シェア

今回は、実際にバハマに旅行に行った時の旅行記録をブログ記事にしてみました♩
これからバハマ旅行を検討している人に参考になると嬉しいです。

日本から飛行機で約23時間...!
やっとバハマ・ナッソーのリンデン・ピンドリング国際空港に到着し、レンタカーを借りて市街地へ向かいます。
(レンタカー相場は1日130ドルほど)

関連記事:
バハマ旅行に持って行くべきもの、持って行くと便利なもの6選
アメリカからバハマへの行き方解説!直行便がある州は?
カリブ海の楽園!バハマのおすすめ観光地、体験7選


空港はとても綺麗で、着いたらなんと、バンドのお出迎えがありましたよ。バハマらしくて素敵♡

まず向かったのはJunkanoo beachというビーチ。TIKI BIKINI HUTというお店でご飯を食べることにしました。


ポークリブとマカロニ&チーズとライスのセットを注文
一見味が濃ゆそうに見えますが、丁度よくてとっても美味しい!
塩が強すぎるわけでもなく、ポークも甘さのある照り焼きに近い味わいです。

Junkanoo beachは、サンセットも綺麗に見えるビーチ。観光客も地元の方も多くいましたよ。

この日は日も暮れていたので宿泊先のairbnbにチェックイン。 
バハマではこのようにairbnbという選択肢もありますが、ホテルに宿泊するのが一般的。
一度は泊まりたいアトランティス パラダイスアイランドや、リーズナブルながら設備が整ったワーウィックホテルなど、選択肢は充実しています。
ホテル選びに迷っている方はお気軽にお問い合わせください。▶︎お問い合わせフォーム

2日目は朝ごはんからスタート!
ローカルの方に人気というCheckers Caféでサンドイッチと熱々のコーヒーを。
こちらもフレッシュな野菜と焼きたての卵、マスタードが入っていてとっても優しい美味しさ!

注文後にスタッフさんが用意された鍋から取り分けてくれるスタイル。
スクランブルエッグなどは奥で焼いてくれます。
 

地元の方にもとても人気で行列ができるのですが、英語がかなり早くて
みんな爆速で注文をとっていくので、結構大変!
どちらかが間違えたのか、頼んでいないサンドイッチも来ました(笑)
これもいい思い出だけど、バハマの英語ややっぱり早いしクセがある!


さて、次にやってきたのはあの有名なアトランティスホテル!!
バハマに来たら一度は泊まりたいと誰もが願う、この国でも最高レベルのリゾートホテルです。
今回は特別に、広報のデニス君に施設全体を案内してもらうことができました。

そのようすはバハマナビのYouTubeで配信していますのでそちらからご覧ください。

アトランティスのあとは、ホテルと同じパラダイスアイランド(橋で繋がった島)にあるCabagge beachへ。観光客に人気なビーチです。
日傘や駐車のサービスで声をかけてくる人も多く、「観光ビーチだな〜」というのが正直な感想。
賑やかな雰囲気で、美味しそうなカクテルやビール、フードも販売していました。


生パイナップルのお酒を買ってしまいました♡美味しかった!

海を楽しんだあとは、一度シャワーをして地元のモールに行ってみることに。


お目当ては携帯simカードのお店「aliv」。値段をチェックしましたが、一番安くて1日4ドル程度で利用可能です。


バハマの公共施設はWi-Fiが利用できることもありますが、ホテルであっても、
パスワードがかかっている場合があります。
外では公共Wi-Fiも少ないので、初めて現地に行く方や調べものを多くする方、
レンタカーでマップを使用する必要がある人などは、
Wi-Fiか現地でSIMカードを購入するほうがいいでしょう。
モールにはalivのようなsimカードの会社が入っていることが多いです。


そのあとは近くのスーパーマーケットに入り、食材をチェック。
基本的に置いている商品はアメリカのスーパーに近い印象です。
物価はやっぱり高めです!(基本的にバハマの物価は日本と比べると高いです)


スーパーから車で別の目的地に向かう途中、こんなに素敵なフォトスポットを見つけました。
ふと景色を眺めると、このような光景をよく発見できるバハマ。さすがカリブの楽園。

さて本日最後の目的地は、レストランやバーが集う「Fish Fry」というストリート。
お目当てはバハマで最も有名なグルメの一つ「コンクサラダ」。
目の前で調理してくれるフレッシュなコンクをいただくことができました。した。


ドレッシングは果汁だけのシンプルな味付けなのにとっても美味しい!
コンクの塩味と新鮮なトマト、玉ねぎ、パクチーが最高でした。


さらに、またまたバハマ名物のフィッシュフライもいただきました。
ふわふわで美味しい!バハマのグルメは基本的に量が多いので、持ち帰って2日ほどかけて食べることもよくあるそう。

食文化を堪能できて大満足なディナータイムでした。

このあとはホテルに帰って翌日に備えたバハマ2日目。
3日目以降の滞在記録は、また別の記事で紹介したいと思います。

今回紹介した観光スポットについては、バハマナビのインスタグラムでも紹介しています。

ぜひフォローのうえバハマリサーチに活用してください。

シェア

関連するコラム

詳しく見る

ULTRA MAIAM行くならバハマ旅行がお得でオススメ!

旅行

2024/01/24

詳しく見る

アメリカからバハマへの行き方解説!直行便がある州は?

旅行

2024/01/10

このコラムを書いた人

Bahama navi writerさん

為替レート

2021-01-22 07:40:03

バハマ

BS$1

=

日本

157.53JPY

BS$ JPY

人気のキーワード

バハマ観光のオススメカテゴリ